会社を経営しているなら経理事務を税理士に依頼しよう

裁判は弁護士に依頼しよう

事故

アポを取ってから伺う

皆さんはB型肝炎という病気を知っていますか。そもそも肝炎とは、肝臓がウイルスに感染する事によって炎症を起こし、機能障害などを起こす病気です。肝炎は慢性化しやすく、症状が進行すると肝臓が硬くなる肝硬変や最悪の場合、肝臓がんを発症する事もあります。肝炎は種類によりアルファベットで分類されますが、近年、社会問題化したのがB型肝炎です。現在、60代〜80代位の年齢の方は、子供時代に予防接種を受けた記憶はありますか。ほとんどの方は予防接種を受けているものですが、この予防接種の際に昔は注射針を使い捨てではなく、滅菌せずに使いまわしていたことが発覚しました。その為、B型肝炎ウイルスが蔓延する事態に発展し、近年、国が責任を認め補償金を被害者に対し支払うことが決まりました。この補償金を受け取るには、B型肝炎患者が予防接種により感染した事を国に対して証明し、裁判で争う必要があります。そこで、個人で訴訟などを起こすのは大変な労力と知識を必要とする為、弁護士に依頼するのが最も有効的な手段です。弁護士に訴訟依頼をするには、まず相談を行う為のアポを取りましょう。アポはインターネットや電話などで取る事ができます。弁護士費用には着手金や報酬金などがあり、先払いか後払いかは弁護士事務所によって違いがありますが、着手金は訴訟の勝ち負けに関わらず支払うものです。報酬金はB型肝炎訴訟のケースだと、補償金の額の10%前後が弁護士の報酬として訴訟後に支払うケースが多いので、覚えておくと良いでしょう。